目次へもどる

Linuxプラット・フォーム

只今、制作中です


銅ケ丸の鉱床はどのようにしてできたか!
露頭状況抜群! 鉱床のできかたを発見的に学べる絶好のフィールド

みんな 銅ヶ丸鉱山へ行こう!

位置:島根県邑智郡美郷町竹(川本町との町堺付近) 銅ヶ丸鉱山跡(明治42年閉山)
特徴的な鉱物:閃亜鉛鉱、黄銅鉱、磁鉄鉱、磁硫鉄鉱、方鉛鉱、輝水鉛鉱、黄鉄鉱、ザクロ石、孔雀石、胆礬など

鉱山の風景




思わず欲しくなる!?・・・・これが銅ケ丸の鉱石だ!
黒鉱に似た鉱石には銀も大量にあるかも?・・・・銅ケ丸鉱山は銅ケ丸銀山だった!?
館内に展示している標本




汗だくだくで鉱山から持ち帰った大型採集試料




露頭状況抜群! 銅ケ丸鉱山は構造地質の学習にも最適!
断層破砕帯に貫入しているデイサイト岩脈




貫入境界付近の断層角礫岩




銅ケ丸の鉱床タイプは、高温熱水型!!???
鉱床付近にある花崗岩質包有岩(同源捕獲岩)




花崗岩質岩石とモリブデン鉱物(輝水鉛鉱)




参加者の方達(写真未撮影の方達も含む)
      

       

       

   

     

  写真未撮影(S高校のT先生達)
  写真未撮影(Y大院生のY君)
  写真未撮影(奥出雲町のA氏)
  写真未撮影(広島県福山市のY氏) 


↓ 下の図の中の赤色の文字列をクリックすると、
その拡大画像と説明へリンクします。

只今、制作中です


目次へもどる