瓦の吸水率と耐久性  


お問合せ・資料請求 電話0855-22-1807(平日8:00〜17:00)
  石州瓦窯元 亀谷窯業
■吸水率の比較

焼物の「気孔」に水分が浸入し、その水分が凍って膨張します。

その体積の変化が瓦の組織をボロボロに壊していきます。

焼物は高温で焼けば焼くほど「気孔」が小さくなり水分を含み難くなります。


当社は超高温1350度で焼き締めることにより、水分の浸入を防ぎます.


吸水率
当社 1.18%
石州瓦(平均値) 4.61%
JIS規格 釉薬瓦 12%以下
JIS規格 いぶし瓦 15%以下
JIS規格 無釉瓦 12%以下
(平成19年6月 島根県産業技術センター試験調べ)



当社 吸水率
平成元年 1.76%
平成5年 0.65%
平成10年 0.39%
平成15年 1.49%
平成19年 1.18%
平成24年 1.16%
平成元年〜平成24年平均 0.92%

石州瓦(平均値) 吸水率
平成元年〜平成24年平均 4.75%
(島根県産業技術センター試験調べ)




■吸水試験(JIS A5208:1996 粘土瓦)

・乾燥時の質量の測定は、試験体を空気乾燥器に入れ、その温度を約110℃に保ち、24 時間以上経過した後取り出して室内に静置し、室温に達したときの質量とする。

・試験体を水温15〜25℃の清水中にこば立てし、その上面が水面下約10cmになるように全形を浸し、24 時間以上経過した後取り出し、手早く湿布でふき、直ちに測定したときの質量とする。


吸水率(%)=(吸水時の質量―乾燥時の質量)÷乾燥時の質量×100







   
石州瓦窯元 亀谷窯業

石州瓦窯元 亀谷窯業

石州瓦窯元 亀谷窯業

石州瓦窯元 亀谷窯業

石州瓦窯元 亀谷窯業


   

〒697-0023
島根県浜田市長沢町736
TEL(0855)22-1807