瓦の耐久性 焼成温度 吸水率 曲げ破壊強度   


お問合せ・資料請求 電話0855-22-1807
  石州本来待瓦 窯元


□こだわり



受継ぐこと、
新しくすること。





寛延元年、浜田藩の瓦師として
瓦を製造した亀谷初代岩田清次。

200年以上もの月日
受継いできたこだわりは2つ。

来待石だけの釉薬と
焼成温度1350度


七代亀谷博幸が
「来待をやめるなら瓦屋をやめる」
頑なにこだわり続けた先代の意志。

石見の国に石州瓦が生まれた歴史、
本物の瓦づくりを引き継ぎます。



そして
瓦屋根の需要が低迷している現在

目線をさげて石州瓦を知ってもらいたい

瓦を器として活かせないか

そんな想いから
「サビタイル」「直火用瓦食器」が
生まれました。




屋根にも品質の高いものを使いたい

海が近いから、
雪が積もるから、
永く住む家だから

耐久性のある瓦がいい





島根県産業技術センターの
検査データから

こだわりの結果をみます。






焼成温度の比較

焼成温度
当社 1350度(最高温度)
石州瓦 1200度以上
他産地A 1100〜1150度
他産地B 970〜1100度
(石州瓦工業組合調べ)


高温で焼くから堅い

曲げ破壊強度の比較

曲げ破壊強度
当社J型 3866N
石州瓦J型(平均値) 2928N
三州瓦J型 2577N
厚型スレート 1920N
JIS規格 1500N以上
薄型スレート 529N
(当社と石州瓦の数値については平成24年10月 島根県産業技術センター試験調べ)


吸水率の比較

吸水率
当社 1.15%
石州瓦(平均値) 4.35%
JIS規格 12%以下
(平成24年10月 島根県産業技術センター試験調べ)


釉薬(うわ薬)の比較

釉薬は、奥出雲で採れる天然素材の来待石と水だけ

来待石の釉薬にこだわり続けているのは亀谷窯業だけ





北海道檜山郡江差町、本願寺江差別院(西本願寺)庫裏

明治13年(1880年)、
北前船によって運ばれた亀谷の瓦は
100年を超える年月、北海道の積雪に耐えています。


平成8年(1996年)、
再び亀谷瓦に葺き替えをしました。

北海道檜山郡江差町、本願寺江差別院の葺き替え前 北海道檜山郡江差町、本願寺江差別院の葺き替え後

その下屋根は状態が良く
上屋根のみの葺き替えとし、
下屋根は今でも当時の瓦が覆っています。





硬質で丈夫、そして特に寒冷の地においては
凍害、雪害に強い特性を持っている
優れた品質の瓦としてご用命いただいています。



石見銀山 熊谷家に石州サビ瓦を葺きました。
世界遺産の石見銀山 「熊谷家」に石州サビ瓦を葺いています。


亀谷窯業へ資料請求・お問い合わせ



   
石州本来待瓦 窯元

石州本来待瓦 窯元

石州本来待瓦 窯元

石州本来待瓦 窯元

石州本来待瓦 窯元


   

〒697-0023
島根県浜田市長沢町736
TEL(0855)22-1807